お客さま・従業員・サプライヤーなど松尾商行に関係するすべての人が「いい会社だね」と言ってくださる会社でありたいと考えております。

 株式会社松尾商行は、昭和44年5月に神奈川県相模原市で小さな2階建の自宅を兼ねた倉庫から商いを始めました。40余年を経て神奈川県内、東京都下を中心に営業所を展開し、神奈川県ではトップクラスのシェアをいただくまでになりました。

 松尾商行では、売上やシェア・規模の拡大などだけを「成長」とはしていません。お客さまの期待に応えるために、仕事の質を高めることで従業員が自ら成長し、結果としてお客さまである地域の電気工事店と密接な関係を構築してまいりました。「電気工事店の現場対応力の向上、より付加価値の高い施工を電材という視点で支える」これこそが私たちの使命だと考えております。今後も国内はもとより海外にも目を向け、資材や施工ツールを検索し、お客さまへ提案してまいります。 
また、価格訴求力を持つことは商いでの肝だと考えています。仕入方法をたえず改善することで仕入コストや流通コストを低減してまいりました。この努力は従業員全員の共通認識として深化させてまいります。

 会社で仕事に真摯に取り組むことは当然のことですが、従業員に対しては私生活の面で「楽しむ」ことを奨励しています。普段からいろいろな人と会って、いろいろなところに行って、いろいろなものに触れる。それが、人間としての魅力を高めることにつながっていく大事な「社会勉強」です。仕事と私生活は相反するものではなく、むしろ両立させることでより充実した仕事につながるものと考えています。「働くときは働く、遊ぶときは遊ぶ。」人生を豊かにする、一番大切なコツだと考えております。

 このようにして、木がその年輪を重ねるがごとく、お客さま・従業員・サプライヤーとともに着実な「成長」をしていきます。

代表取締役 松尾秋夫
ページの先頭へ